アッシュねこ親様決定と、みっくのその後

  15, 2014 20:19

みなさん こんばんは

まずはめでたいお話から…
 
 
 
昨日、お見合いを行ったアッシュ
 

(写真:アッシュ)
 
お陰様で、メデタクねこ親様決定、
水曜日からトライアル開始となりました~


 
 

 

(写真:ジル)
 
アッシュのねこ親様は、お若いおふたりなのですが…
 
既に持家にお住まいで、お二人ともしっかりとした
お仕事に就いており、彼女は猫の飼育経験がおありで、
彼の方はご実家でワンコを飼っているそうで、
 
どちらも動物の飼育にはお金がかかること、
そして長生きすることはきちんとご理解されており、
今までも保健所主催の譲渡会などに足を運ばれたりと、
保護猫についての知識ももってらっしゃる様子。
 
とにかくお話をしていても、とてもしっかりしていてビックリしました
 
greenの職場の新入社員の子達もそうですが、
最近の若者は、礼儀正しくて落ち着いた印象で…
 
いやいや、greenが若い頃とは大違いですわぁ~(笑)
小生意気で、いつまでも甘い考えで、よく先輩にいじめられたもんですww
 
 
お見合いに来られたお二人を見ていて、
もうだいぶ前に卒業したノエルのことを思い出しました。
 
ノエルのねこ親様も、当時はお若いカップルでしたが・・・
 
もう譲渡して何年も経ちますが、
 
毎年、お正月にはしっかり者の彼氏さんから
あけおめメールと共に、
ノエルの元気な写真をお送り頂いております
 
 
そんな彼氏さんの印象と、今回のアッシュのお見合いに来られた彼の
印象が重なって…このお二人なら、きっと大事にしてくれる
 
そんな直感が働いた次第です
 
 
何より、お二人が来られたときのアッシュとジル
 
スリスリゴロゴロ、
見たことない位、甘えっぱなしでっ

 
お二人のことがかなり気に入った様子でしたから
旦那と二人、「こんなに甘えられたことないよ~」と、ちょっとジェラシー感じちゃいましたw
 
 
 
 
そんな仲良しな二匹をブログで観ていたとおっしゃるねこ親様
 
『せっかく仲良しなので、出来たらジルくんも一緒にお迎えしたかった
ところなんですが…』
 
とおっしゃってくださいましたが、
 
まだあっちゃんには去勢手術も控えていますし、
お迎えするには猫グッズを、あれこれいちから揃えなければなりませんし、
何かと出費が重なることなので…
 
 
 
『まずはあっちゃんのことを大事にしてください』
とお伝えしました
 
そのお気持ちだけで、十分嬉しかったです
 
 

 
じっちゃん、
 
遊び相手がいなくなって寂しいかもしれないけど、
そのうちまた我が家には、次の預かりっ子がやってくるかもしれないよ
 

 

 
ま、じっちゃんはちゃっかりものなので、
 
なんとか今後も、うまく楽しくやってくれることでしょう…^^;
 
 
ということで、アッシュのお届け報告、
次回、是非是非お楽しみにぃ~

 

 
 
お次は我が家の愛猫、みっくさんのことです…
 
 
今朝早速病院に連れて行き、手術をお願いしたのですが…
 
先生のお話では、内視鏡手術で時間も体への負担もさほどかからず
出来るようであれば、今日の夕方にはお家に連れて帰れる、とのことで
ホッとしていたのですが…
 
 
一旦家に帰ると、すぐ電話が鳴り、何かあったかとドキドキしながら出ると
 
どうやら、みっくの腫瘍は、肛門から触れる場所にあったのは
氷山の一角で、筋肉の中に全体が隠れていることがわかり…
 
そうなると、簡単な手術で摘出できる訳ではなくなってしまったそうで、
今日の手術は一旦中止して、明日再度準備を整えた上で、
肛門下からお腹にかけての開腹手術を行うとのことでした。
 
腫瘍の出来た場所(位置)が運悪く、簡単に取れる場所ではないため、
手術も複雑となり、時間がかかるのもさることながら、
 
更に筋肉に潜んでいるとなると肉腫の可能性があり…
 
 
正直、悪性の可能性は高いかもと。
 
術後も、すぐ退院とはならなくなってしまったようです
 
 
警戒心が強くて、狭い場所に閉じ込められると
ひたすら鳴き続けるみっくさんなので…
 
今頃麻酔が切れ、不安で鳴いているんじゃないかと思うと、
どうしているだろう、ご飯食べられたかな…と
気が気ではありません
 
ひとまず、日曜日に面会に行ってこようと思います。
 

(写真左:ジミ 右:メグ)
 
みっくさん、皆待っているから、
 
なんとか早くお家に帰って来られるよう、頑張ってください。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?