抗がん剤投与2回目

  07, 2014 16:00

昨日、みっくさん2度目の抗がん剤投与を行いました


(写真:みっく)
 
先週木曜あたりから、副作用が和らぎ、抗がん剤が効いたのか、
 
みっくさん、お陰様でまぁよく食べるようになり、
あちこち移動したり、大好きなジミさんに甘えたりする仕草を
見せるようになりました
 
 
そこで、2度目の抗がん剤投与のため、昨日病院へ行ってきました。
 
 
先日電話で、ついついきつく先生に思いをぶつけてしまったせいか、
 
先生も先日とは打って変わってかなり穏やかな対応となり(笑)、
20分近くに渡り、丁寧に治療の説明と意義を語ってくださいました。
 
 
 
金銭面でも、多大な負荷がかかることにもご理解を示してくださり、
高い効果を得られるとしても、余命半年が最長であり、
 
 
正直”お金で命を買っている”ようなもので、
余命が伸びても、副作用で食欲不振となり、グッタリする
我が子に対し、「それでも生きていて欲しいのか?」…と、
 
 
greenのように迷い、途中でドロップアウトする人は多数いることも、
効果があると知りつつも、最初から手が出ないと
諦める人もいること、
 
(思ったほど副作用も出ず、飼い主も積極的に治療を続けたことにより
数年生きたケースも勿論あるそうですが)
 
 
みっくの性格上、通院も点滴も多大なストレスがかかることも
ご理解を頂けたようで
(昨日は元気回復していたので、結構暴れたそうです^^;)
 
 
「今後の治療については、都度考えていきましょう」
 
 
とおっしゃってくださいました。
 
 

 
 
みっくさんの現在の体重:4.2kg
 
前回の測定から-0.1kg。まずまずといった感じだそうです。
 

 
MAXの時、5.7kg位あったオデブみっくさんなので、
 
体重が落ちている今も、お陰様で、
痛々しいほど痩せ細った印象はないです…^^;
 
 
 
 
抗がん剤の治療は、下図のように
 

 
ガン細胞の種類が①~⑤まであるとして…
 
最初の薬で①を破壊し、
2回目に少し強い薬を入れることで、②と③をつぶし、
3度目は④、4度目に外に浸食しようとする⑤をやっつける…
 
という、段階を踏んで色んな薬剤を用いる「カクテル療法」だそうで
(手っ取りばやく一気に入れちゃったら、死ぬらしいです。ひえぇ~
 
 
⑤に効くお薬を使ったところで、うまくすれば「寛解」
(一旦ガンがなくなったかのように見える状態)となるそうですが、
 
その後も投薬を続けなければ、あっという間にガン細胞はまた
増殖してしまうようで…
 
一旦治療が完了する「1クール」というのは
なんと24週間後

 
 
 
 
みっくのように、余命半年(しなければ2週間だそうですが)
であるならば、
 
 
たとえ24週頑張って治療を続けたとしても、終わった頃には、
どんな薬をもってしても、もはや効かなくなって
手の施しようがなくなる訳で…
 
 
ああ、なんと無情な…。
 
 
そして副作用は、投与した後早ければ翌日、おそくとも3日後位から
現れはじめ、個体差は勿論ありますが、概ね2、3日続くそうで…
 
ようやっと副作用が収まったと思ったところで、
 
また次の抗がん剤を投与(治療は1週間に1回なので)
することになるため、
 
元気に食べられる日数は、1週間のうち、たったの2、3日
 
 
更に、回数を重ねるごとに強い薬を使い
尿から劇薬が排出されることになるため、
 
飼い主は猫砂掃除の際にはマスク着用
(粉になって空気中に舞うのを吸わないようにするため)、
素手で猫砂に触らないようにしなくてはならず、
 
 
我が家のような多頭飼育の場合、別のねこが
みっくのしたオシッコの塊に触れるリスクがあるため
出来れば投薬後の1,2日については隔離飼育するのが安全だと…
 
 
皆と一緒にいることが好きで、
閉じ込められることが大嫌いなみっくさんを
 
ケージや別室に閉じ込めておかなくてはならないということ
 

 
それじゃあ、入院生活となんら変わらないじゃんか…
 
 
これが抗がん剤治療の実態だそうです。
※多少、うろ覚えの部分があるので、異なる点があるかもしれませんがご了承ください
 
 
 
デメリットばかり並べてしまいましたが、
 
この治療が功を奏し、続けることが出来たならば、
(いずれは確実に再発してしまう訳ではありますが)
 
まるで病気のことなど嘘だったような元気な状態が
戻ってくるそうです
 
 
 
1回の費用は
(投薬の種類・病院により金額が上下するとは思いますが)
 

 
※みっくの場合、自宅での抗生剤・ステロイド投与が難しいので、
(若干効果の程度には疑問が残るそうなのですが、入れないよりはマシということで)
注射で長期間効くものを入れて貰ったので、その分金額が3千円上がってしまいました。
 
概ね、これだけかかります。
 
抗がん剤を入れる前には、副作用による貧血の度合などを確認するため、
必ず血液検査を行います。
 
この結果いかんでは、治療を延期せざるを得ないこともあるそうです。
 
なので、せっかく通院しても、その日は治療を行えない場合もあるのです。
 
通院の労力と費用も、ハンパじゃないですよね
 
 
1クール終えることのできたねこさん、飼い主さん
本当に頭が下がります…
 
 
ともあれ、
 
今後みっくさんと同じような病気にかかったねこさんのため、
少しでも情報が多い方がいいかなと、
あれこれ包み隠さず書かせて頂きました。
 
治療方針、余生をどのように送らせるべきか
迷われた際の、一つの参考になれば幸いです。
 
 
ねこの性格も、飼い主さんの考え方、想いも様々
 
治療をするもしないも、その子のことを想って出した答えなら
色んな選択肢があっていいんだなと、つくづく思った次第です。
 
 

 
預かりっ子への支援ならまだしも…
 
我が家の飼い猫であるみっくさんに、
またまた応援が届きました。
 
本当に皆様には、多大なお気遣いを頂いてしまい恐縮です
 
今は何も恩返しが出来ず申し訳ありませんが、
 
みなさんの犬猫たちに何かあったときは、
是非微力ながらもgreenも何かお力になりたいと思います…!!
 
あ、何かあってもそれはそれで問題なので、
無きよう祈願していますけどね(笑)。健康が一番ですから~
 
 

 
沢山のa/d缶をありがとう
 
greenが自分で頼んだのは、何とも消極的に5缶だけだったのに
(それもまだ到着してないという始末w)、
「これじゃ足りなかったかも」なんて、とんでもない
 
もし残ったら、また預かりっ子を受け容れたときにも是非使わせて
頂こうと思います…!
 
 
 
 
預かりっ子と言えば…
 
我が家がこんな状態なので、つぎの子を受け容れ出来ないでおりますが
 
「そんなことは今は気にしないでいいから!」と
みっくを心配してくださった、ちばわん歓ママさんの
言葉にもグっときましたよ。
 
ジルのときから、色々ご心配おかけしております~
ありがとうございます
 
 
 
そうそう、ここ数日のみっくさんは、とても調子が良かったので、
ユーリさんやポムちゃんご家族に頂いた
色んなウエットも味見してました
 
食いしん坊みっくさんが戻ってきたようで
嬉しかったですよ~
 
 
 

 
 
こちらのサプリは友人のK.O.さんから
ガンに効くサプリって高価なものが多いのに・・すいません
 
色々ご自身で調べては、丁寧にお手紙にまとめてくださったようで…
調子のいいときのみっくなら、薬はNGでもサプリは結構いけるので、
是非試してみたいと思います
 
獣医さんも、キノコ系のサプリとかガンに効く場合もあるから、
どんどん試していいと思いますよ
と、おっしゃってましたしね
 
優しいお気遣いと応援を、いつもありがとうございます
 
 
 
 
それから…
 


 
こちらを送ってくださったのは、どなた様でしょうか~(笑)
 
お寺から直送され、お名前がなかったのでお礼の連絡が
出来ませんでしたが、主人共々ビックリしました
 
みっくとgreenの名前が入ってる~
すごいすごいっ
 
早速、弘明寺のお守りと共に、みっくのお気に入りの寝床に
忍ばせております
 
サプライズの応援、ありがとうございます
 
 

 
みっくは幸せ者だね…
 
 

 
 
長くなりましたが、最後は今日のじっちゃんです
 

 

 
良く食べるので、ちょっと丸くなってきたような(笑)
 

 
こうしておとなしくしていると、めちゃめちゃ可愛いのに
 
いつもちゃかちゃか動いては、イタズラばかりしております。。。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?