in 一般

色んなことがありますが…

-2 COMMENT
みなさん こんばんは★

DSC01883.jpg
(写真:ビッケ)

ひょっとして、暫くぶりの更新かもしれませんが💦

DSC01887.jpg
(写真:カレン)

色んなことがありすぎて、目まぐるしい日々を送っているgreenです(;'∀')


まずは先日トライアルがスタートした、乳酸菌コンビの
近況を頂きましたのでご紹介★

IMG_1132.jpg
(写真左:ダノン改めゴー 右:ジョア改めテン)

数字コンビとなった乳酸菌コンビww

IMG_1133 (1)

お届け当初、ジョア改めテンがおしっこの粗相をしてしまったそうでしたが、

里親Mさんが、トイレを増やしたり、
砂のバリエーションをもたせてくださったお蔭で、
なんとかその後はきちんとやっているようです★

マイペースで食いしん坊は変わらずw



IMG_1134.jpg

我が家にいた頃、好奇心旺盛で物怖じまったくなしで、
どちらかというと、ジョア改めテンを引っ張っていくタイプだった
ダノン改めゴーは、当初はちょっとビビりな一面も見せたとか。

でも相変わらずの甘ったれさんだそうで♡

2匹のトライアルは順調です♪

こんなかわいい子たちの命を繋いでくださり、
ありがとうございますと、里親様(^^)/

命のバトン、しっかりお渡しさせて頂きましたので、
どうぞよろしくお願いします!





お次は、我が家から
卒にゃんひまり改めすぅちゃんの里親様にバトンタッチした

ダシコンビ改め
「あさひ」(旧にぼし)&「ゆうひ」(旧えび)

DSC01875.jpg
(写真:我が家にいた頃の「あさひ」)

DSC01871.jpg
(写真:我が家にいた頃の「ゆうひ」)

預かりデビューしたすぅちゃんママさんが
2匹の検便に連れて行ってくださったところ、

コクシジウムは出るわ、回虫は出るわ、ウンチョスは
虫の宝庫だったようでして・・・(;'∀')

現在、駆虫薬を投与しつつ、奮闘くださっているそうです💦


そして新たな新事実が!

あさひ(旧にぼし)は、greenが連れて行った病院では、
男の子と言われて、そのまま確認もせず信じ込んでいましたが…

実は女の子だったそうですw

良かったぁ、「あさひ」という、ニュートラルなお名前を付けて頂いて💦

「にぼし」のままだったら、可哀想なことをしてましたよ(^^;

すぅちゃんママさん、しょっぱなからビックリ続きで
申し訳ありませんが、引き続き2匹のお世話を
よろしくお願いします…(=゚ω゚)ノ




そして、6/8の長野TNR一斉手術の際、

仮設診療所を設置するために、ご自宅の一部提供くださった、
飯山市のIさんが、今年の5月から面倒をみている外猫チャトラン♀

チャトランも、一斉手術の際に避妊手術とワクチン接種を
したのですが…

手術から2週間程経過したある日、

突然体調を崩し、
それから現在に至るまで、かなり長期の入院をしていました…(;_:)


長野市内にある病院は、ご自宅から遠いこともあって、

なかなかチャトランに面会に行けないIさんに代わり、
greenが2回ほど様子を見に、足を運びました。

Iさんがご自宅を提供くださらなければ、

ひょっとしたら、
長野TNR一斉手術は実現しなかったかもしれなかったわけですし

微力ながらも、Iさんご夫婦のお役に立ちたい一心で、

『職場から病院は近いんで、仕事帰りにチャトランに
さっと会いに行ってくることもできますから(^^)/』

なんて言ったものの、
実は片道、徒歩30分|д゚)

この季節、汗だくになって往復一時間歩きましたよ~(笑)
いいダイエットになりました♪(→まったく痩せてないけどw)


そんな中、一斉手術の際にお手伝いに参加くださった
ボランティアのモカ姐さん が、偶然にもチャトランの入院先が、
愛猫のかかりつけ病院であったこともあり、
彼女もチャトランの面会に行ってくださったりと
協力してくれて…

皆でチャトランが快方に向かうことを切に祈っていましたが…



お陰様で、
ようやく今度の火曜日に退院が決まったそうなのです!!!


更に、まだ万全の回復ではないこともあるため、

今後は外猫としてではなく、
Iさん宅の家猫として、ずっとご自宅内で面倒をみて貰えるんだそうです。

本当に良かったです。。。



『greenさんには、本当にいろいろ助けて頂き、感謝しています。
是非また我が家の方にも遊びに来てくださいね』

と、わざわざ電話をかけてくださって、
退院の朗報をくださったIさんの奥様(^^)

豊かな大自然に囲まれたあのお宅に、

チャトランがすっかり元気になった頃、
是非様子を見にいかせて頂きたいと思います…♡



お次は我が家の預かりっ子るぅちゃんのこと。

DSC01893.jpg
(写真:るぅ)

素敵な里親様が決定して、お届けを待つばかりだったある日、

突然里親様宅の先住ねこさんが、
脳性麻痺からくる、左半身不随となってしまったために、
お届け日をしばらく延期していた状態でしたが…

なんとそこにまたも不運が重なり、
今度は里親様奥様が、交通事故に遭われてしまったそうで(>_<)!

何度かメールしても連絡が来ないので、何かあったのかと思っていたら…
悪い予感的中でした…(涙

お陰様で、先住ねこさんは少し回復しており、
里親様も命に別状はないものの、そんなこんなで
当初とはだいぶご事情が変わってしまったこともあり…

るぅちゃんの譲渡は、結果白紙に戻りました。

DSC01910.jpg

こんなことになって申し訳ない、るぅちゃんの幸せを祈ってますと
おっしゃってくださった里親候補様。
どうぞお気になさらないでください。

人馴れバッチリ、天真爛漫で
ひょうきんもののるぅちゃん(♀・8ヵ月・2.5kg)ですから

ご覧の通りの美貌も手伝って、再募集したところで
すぐに良縁を掴めると、特に心配していませんw

とても甘えん坊で寂しがり屋な性格なので、

お留守番の少ないお宅や、
留守があっても、遊び相手となる若い先住猫さんがいるお家
もしくは、我が家のカレンやビッケ、雪華と一緒にお迎えくださるご家族からの
お問合せを是非お待ちしています…!

ymkw_g★yahoo.co.jp →★を@に変えてください

DSC01909.jpg
(写真:雪華)

ちなみに、
green的には、一番の面白キャラせっちゃん(♀・生後10ヵ月位)↑も
めっちゃお勧めなのですが…

なぜか、お問い合わせがきませ~ん…💦

確かに初めてねこを飼う方には、ちょっとハードルが高い子ではありますが、
今までに何匹も飼育経験のある、ねこの扱いに慣れている方でしたら、
この子の性格はかなりツボですよw

せっちゃんのプロフィール詳細は、こちらをご確認くださいね↓

せっちゃんは、自分より年上のニャンコさんとも上手に
お付き合いができるねこさんです。

どうぞせっちゃんのこともよろしくお願いします…★


最後に、現在の我が家の困りごとを…



かれこれ1年以上前に、我が家から譲渡した兄妹ねこのことです。

先日突然、暫く音沙汰のなかった、ある里親様(ご主人)
から一本のメールが入りました。

内容は、非常にアッサリしたもので

『新しく始める事業(自営業の方です)で、自宅で食品を取り扱うため、
保健所からの指導により、ねこは手放さなければならなくなった』と…

green、かれこれねこの一時預かりを始めて9年。
こんな連絡を貰うのは初めてで…

今まで一年以上、共に生活してきたはずのねこ達を、

『手放すことになった』という、相談ではなく、既に決定事項として
告げられた報告には、
正直、憤りを通り越して、唖然としてしまうばかりで…



こういう人には、もはや何を言ってもしょうがないんだろうな…と、

『譲渡契約書にてお約束頂きました通り、そういう事情でしたら、
我が家に猫たちを戻してください』

と、こちらも色々言いたい気持ちをグッと抑え、
シンプルに要件だけを伝えました。



が、そうは言うものの、
その時の我が家には、まだ乳酸菌コンビもいて、更には
ダシコンビも滞在中で…

愛猫たちと合わせて、総勢16頭飼養中の状態💦

トータル10頭が、本来のキャパの我が家に、
2匹がリターンすると、18頭になってしまう…(>_<)!!!



またここ数年は、猫同士の相性を考慮して、
比較的馴染みやすい仔猫の受け容れかしていなかったところに、

おとなのねこが2頭帰ってくるとなると、

正直うちのねこたちの反応も読めず、
かといって、狭い我が家では部屋をわけることもできず💦

不安は募れども、だからといって、勝手に第三者になんて
譲渡されても絶対困るし(>_<)


ということで、無理をいってすぅちゃんママさんに
ダシコンビをお願いし、幸い乳酸菌コンビも譲渡が決まったので、

なんとか頭数を減らすことができ、
あとは2頭が戻ってくるのを待つばかりだったのですが…



ところがまたそこへきて、
例の里親さんからメールが。


『食品加工は、別の拠点を作ることで話がまとまりましたので、
ご心配おかけしましたが、
2匹はこのまま我が家で面倒を見ていくことになりました。』

と…


ちょっと…

いくらなんでも、勝手すぎやしないかい???


そんなに簡単に、手放すだ、やはり飼うだ、
本当に猫たちのこと、大切に考えてくれているの?


そのお宅には、我が家の他にも、あとから2頭、別の方から
ねこが譲渡されていました。

そこで、その子たちを譲渡した方と二人で協議した結果、

ねこたちのことを考えたら、
今まで通りの環境で、馴れ親しんだご主人さまの元にいられる方が
いいとは思うけど…

念のため、本当に愛情をもって飼養してくれているのか、
一度ご自宅を訪問させて貰おう…ということで、

ついgreenも、↑の想いを
怒りの延長で、そのままメールに書いてしまったのがいけなかったのか、

帰ってきた返事は
(かなり要点だけをかいつまんでおりますが)

・新しい事業が急展開で進んでいるため、時間はとれない。
・簡単にではなく、飼えなくなったと連絡したあとも、
なんとか猫たちを手元に残すことを色々考え、
結果自宅を改装するのも、別に拠点を設けるのも
費用的にさほど変わらないため、別に設けることにした。
・これから地方に拠点を数か所設けるが、
ねこたちと一緒に移動できるように、
キャンピングカーも購入する予定で、数千万投資してねこを守ろうとしている
・年一のワクチンは、自身がワクチンというものに否定的な考えゆえ、
打つ気はなく、その代わりに健康食品を与えているので問題ない
・近況報告については、筆まめな方ではないのでできない
(といいながら、FBは小まめにやってる方ですけど…)
・ひとまず、こちらからの連絡は、これで最後にさせて頂きます

と…



百歩譲って、

仕事が多忙なので、訪問されても迷惑というのはわかるけど、

また、こちら側があーだこーだいうのを疎ましく思って、
連絡を絶つというならば、

せめて最後に元気にしているねこの写真
一枚でもつけられないの…?

というか、すべて譲渡の際に契約書を交わして
お約束頂いたことなのに、

今更そんなことはできないと、
一方的に絶縁状を叩き付けられるなんて…(>_<)!


とはいえもはや、こちらからの連絡に応じないといわれてしまった以上、
現在、立往生している次第です。。。

ねこたちが気がかりで…

どうにか、ねこたちの状況を知る術はないか、
あちこちに相談を持ち掛けています…

場合によっては、当初の予定通り、我が家に戻してもらいたい…

どうしたらいいのか、どなたかお知恵をお借り出来たら幸いです。




関連記事
スポンサーサイト

保護猫長野市動物愛護里親募集

  • Share

2 Comments

旧姓あまゆみ  

大変でしたね

知恵はありませんが…
いろいろと大変でしたね。
眠れていますか?
夏バテしていませんか?
私も母が入院して何をする訳ではないのですが精神的に参って眠れません。
子供を託したグリーンさんの痛い気持ちが伝わってきて切なくなりました。

2016/07/21 (Thu) 08:28 | EDIT | REPLY |   

green  

Re: 旧姓あまゆみさん

コメントありがとうございます(>_<)!

お陰様で、私は図太い性格のせいか(笑)、元気食欲まったく問題なしでやっているのですが、例の飼い主に、ねこを一緒に譲渡している方が、繊細なご性分ゆえ、大丈夫かと心配です(涙

飼えなくなったから返すといっていながら、返さないで済んだという割に、頑なに最近の写真を見せず、訪問拒否をするので、実はねこ達を勝手に他の人に譲渡しちゃったんではないか、はたまた逃がしちゃったのではないかという心配もしていますが…。

旧姓あまゆみさんのボス、猫総長さんが、とても親身になってこの件を聞いて下さり、飼い主についてFBなどを辿って動向をチェックしてくれています!力強い援軍が出来ましたよ('ω')ノ

あまゆみさんもお母さま心配ですね(>_<)。ねこを撫でるとリラックス効果があるそうですし、是非愛猫さんを撫でて、癒してもらって、少しでもリラックスできることを祈っています…★

2016/07/23 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment