赤い糸はまだか??

  16, 2016 23:02

みなさん こんばんは★

DSC01130.jpg (写真:雪華)


現在里親募集中の我が家のねこたち

ビッケとカレンは、コンスタントにお問い合わせがあるのですが、
いまだ「これぞ!」という方に出会っていません…(-.-)


そして、

最近のお問い合わせに多いのが、

『お届け時の訪問はご遠慮ください』と言う内容。。。


これ、東京でボランティアをしていたときは一度も目にしなかったのですが、
長野に来てから結構目にします…^^;



うーん、お届けの際に家に行ってはならんとなると、
一体どこで引き渡せというんだろw


中には、「家の前で、中に入れるのを見届けるだけなら構いません」ってのもありました。

私は業者じゃないですよ…(涙

DSC01128.jpg 


確かに知らない人を家にいれることには、抵抗があるのかもしれませんが…
それは我々ボランティアだって同じです。

お見合いの際、初めてお会いする方に我が家にお越し頂いて、
いつものねこの様子をみて頂くのですから★



お届け時にご自宅へお邪魔し、住環境を確認させて頂くのには、
他にも意味があります。


里親詐欺防止の観点からもそうですし、
室内の脱走の危険個所等について、アドバイスをさせて頂くという理由もあります。


我が子同然に大切にお預りし、育ててきた預かりっ子達が
どんなご家族と、どんなお宅で過ごすのか、
きちんと確認もしないでお引渡しをするわけにはいきません。


DSC01129.jpg


譲渡の際には、『命に責任をもつ』ということを
ご認識頂くために、我が家の預かりっ子については、

行った医療処置の内容を基に、里親様になる
皆様には、医療費のご負担(ご寄付)を頂いておりますが、


ボランティアは、その他にも


通院の際の交通費、日々のねこたちのご飯、トイレ砂などの消耗品など
お世話にかかる費用を自費で負担しながら、

預かりっ子のお世話をしています。

DSC01126.jpg


そういったことをご理解頂いている里親様方には、

困ったときには支えて頂きつつ、そのお蔭で、
この活動を長きに渡り続けていられるのです。


DSC01132.jpg
(写真:ビッケ)


ご面倒とは思いながらも、たまの近況報告をお願いするのも、

大切な預かりっ子が、我が家を卒業した後も
元気にしているか、

楽しく日々を過ごしているのか、

何年経っても、どの子のこともしっかり覚えていますし、
何年経っても気がかりだからです。



DSC01135.jpg 

近況報告を頂戴するたび、『相変わらずだなぁ~』と思ったり、
『意外!そんな一面もあるんだ!』と驚いたり、

いつも感謝しつつ、楽しませて頂いています★

DSC01141.jpg


そうして長きに渡り、1匹のねこがもたらしてくれた

預かりと里親様とのご縁に感謝しつつ、

それを原動力として、活動を続けていくことが出来るのです。


DSC01145.jpg


保護猫を迎えるということは、
その子を一生の家族として迎え、可愛がって頂くことは当然ですが、


もう少し欲を言えば、
保護猫をとりまく環境、保護活動のこと、もっともっといろんなことを知って頂き、

より多くの方々に広め、ご理解ご協力頂きたいという気持ちがあります。


それには、もっと伝えたいことをきちんと
発信していかねばならないんだなぁ~…と、

痛感する、今日この頃でございます★





と、独り言を長々つぶやいてしまいましたが、

前述の通り『ビッケとカレンにはお問い合わせがあります』が、


せっちゃんこと雪華ちゃんには、

今もなお、正式なオファーを頂いたことがありません~…(@_@)!


DSC01146.jpg
(写真:雪華)

人懐っこくないというのは、そんなにネックなんでしょうかねぇ~…

DSC01147.jpg

せっちゃん、確かに触ろうとすると逃げ回りますが、

こうして熟睡しているときは、撫で繰り回しても起きませんw

DSC01148.jpg

いや、目は開けるんですが、『うーん』と可愛く鳴いて、
そのまままた寝ますw

お陰で爪切りも楽々♪

そんな感じで、全く触れない訳ではないんですよ★



無理に触ろうとしなければ、
すぐそばでくつろいでますし、

可愛い姿を見放題です!


環境が変われば、また違った一面をみせてくれる可能性だってあります!


憶病で、警戒心が強いねこさんと、
少しずつ距離を縮めることを楽しいと感じてくださる方には

もってこいなせっちゃん★

DSC01131.jpg 

じわりじわりと可愛さが増してくる、

するめみたいなせっちゃんも、どうぞよろしくお願いします…❤





トライアル中のひまり改めすぅちゃんの近況です!


IMG_20160215_221222.jpg
(写真左:ひまり改めすぅ 右:先住くぅちゃん♂)

相変わらず、先住くぅちゃんとラブラブなすぅちゃん❤

3/1に避妊手術の予約を入れて頂きました!


IMG_20160213_222356.jpg

先住の、大きい方のワンちゃんとも、追いかけっこを楽しんだりできるようになった、
順応性抜群のすぅちゃん♪

広いお家にもすっかり馴れて、ちゃっかりお布団の上も占領中です❤
(green的には、お布団にちょこんともぐっている、黒猫くぅちゃんが、カワいすぎてツボw)

小まめに近況を、写真付きでお送りくださる
里親Tさん、いつもどうもありがとうございます(^^)


関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

マリナママ  

No title

お届けで家に入るのを嫌がる方がいるというのは意外でした。
じゃ、工事とかで業者さんが入るのはどうなの?なんて、ちょっとイジワルなことを考えちゃいました(汗)
家族を迎えることの重み、そして、その家族をそれまで大切にはぐくんできた預かりさんの気持ち、わかってほしいですよね。
私は譲渡された時は「家見てください~~こんなです~」って逆にドンドン見て何かあったら言って欲しいと思っていました。さらに数少ない譲渡経験なんて必須は【その後友達になれる人(または既に友達)】だったものな~~でも、そのおかげで今でも様子を見ることが出来て、安心出来ていますものね。
greenさんが里親希望の方を厳選するのは当たり前だと思うし、それが命を預かった責任だとも思います。
少しずつでも、そのあたりをご理解いただきたいですね。

せっちゃん、大丈夫ですよ~うちの美衣ちゃんよりは触れる(爆)
美衣ちゃんは大ちゃんと寝ている時しか触れません(--;

純和猫好きの方が現れますように~~♪

Edit | Reply | 
もちも  

意外!

東京の人の方が「家に上がってほしくない!」と言いそうな気がしてましたが、長野の人の方が多かったとは驚きです!!
まー里親を初めて知った頃は「初めから疑ってかかられているのだろうか?悲しいな」とか思ってましたが、譲渡する側の立場から考えたらそれは妥当な事なんだと気付きました
そりゃあ大事な我が子をどこの誰かも知らない人に渡すのは怖いし、不安要素は出来るだけ取り除いた状態で譲渡したいのは当然ですよね
ダメな個所をタダで教えて貰えるなんてありがたいくらいです!
近況報告もウザがられる位にしたかったりします

せっちゃんは笑顔に見える顔で寝るんですね

すぅちゃん…一気に成長した様に見えますw
布団の影かと思ったら くぅちゃんだったとは(笑)

Edit | Reply | 

What's new?