in 通貨トリオ&クム

通貨トリオ里親様決定!

-4 COMMENT

みなさん こんばんは


CIMG9111.jpg 

昨日は、リラちゃんのお見合いでした


候補の方が、お友達とお越しになりたい…と事前にご連絡を頂いており、

実は、そのご友人の方がルピーのことを『いいな』と思っていてくださっているお話を伺っていました。




ですが、greenとしては、ビビリなドンちゃんは

出来ればルピーと一緒にお迎え頂ける方が良いなぁ…と思っていましたので、

必ずしも見に来て頂いても、ルピーだけ譲渡出来るかはわからない…とお伝えしていました。



お越しになったお二方は、ねこの扱いに馴れてらっしゃるのがすぐにわかりました
(お二方とも、ねこの飼育歴はかなり長いそうです!)


反して、通貨トリオときたら、ケージの中にいるものの、
案の定見知らぬ人を見て慌てる慌てる(笑)

なんとか隠れようとするけど、隠れる場所もないので、
ケージによじ登ってみたり、とにかくバタバタ騒ぎ…^^;


そんな様子をみても、お二人とも無理には触ろうともせず、

『怖がらせてごめんね~』と
優しく接してくださいました。




お二方とも現在先住猫さんを飼ってらっしゃり、今いる先住さんのこと、
今まで飼ってらっしゃったねこさんのこと、お写真等見せて頂きながら
色々お話を伺いました。



リラちゃん希望の方のお宅は、
11歳と9歳のシニア世代のニャンコさんが2匹。

ルピー希望者様宅は、11歳の先住ねこさんが1匹。
実は、虹の橋を渡った先代猫さんがいて、
その子がルピーに似ていてるそうで。

一人きりになった先住さんは、最近元気がないそうで、
お友達猫のお迎えを希望されているとのことでした。

どちらのお宅も、シニアニャンコさんなので、
なおさらここは遊び相手がいた方が!!と


『できればお二方のお宅いずれかに、
ドンちゃんも一緒にお迎え頂きたいんですが…』と伝えると、

リラ希望者様の方がすぐに、
『それでしたら、うちでドンちゃんも。』

と、おっしゃってくださいました


CIMG9105.jpg 
(写真:ドン)


ドンちゃんが人馴れ勉強中であることもお伝えしましたが、

希望者様は、動物飼育管理士の資格もお持ちとのこと、
おお!素晴らしい~っ!!頼もしい~っ!!


保護猫にも大変ご理解があり、自分でも何か出来ることはないかと、
常々考えておられるそうでした。

そういったお考えの方でしたら、ビビリなドンちゃんのことも
分け隔てなく愛してくださることでしょう☆



正直、3匹を見ていると、ドンちゃんはリラちゃんの方が仲良しでしたし、
(いつもリラの頭をペロペロと舐めていましたw)

『ねこは偶数で飼うのがいい♪』なんてことも言われますからね(^^)


そんな訳で、あれよあれよと通貨トリオ、全員卒業が決まりました



お届け日はこれから調整します。

応援くださった皆様、どうもありがとうございました!!


CIMG9108.jpg 

我々と、保護猫たちにお土産も頂戴しました。
ありがとうございます。

IMG_8509.jpg 
(写真左:クム 右:レグザ)

↑この取りあいしているオモチャも、一緒に頂きました❤
おいおい、君たち、仔猫達にあげなさいな…(笑)。




ちなみに、今日通貨トリオの検便に再度行ってまいりましたが…


リラのみ駆虫完了、ドンとルピーのウンチョスからは、まだ虫卵が確認されました…

お届け日まで、まだまだ投薬が必要ですな…^^;

う~ん、3週間投与しても落ちないって、どんだけコクシジウムがいっぱいいたんでしょう(笑)。
でもまぁ、先生はそんなに神経質にならずに、大丈夫とおっしゃっていました。

コクシジウムがいると、その子は隔離、使ったトイレは都度砂を捨ててトイレは熱消毒…なんて
言われてますが、


実は虫卵が育つためには、『中間宿主』が必要なんだとか。

その中間宿主とは、カエルなどであり(猫がカエルを食べたりして感染していくとか)、

猫同士でなめ合ったりしたところで、
簡単に他の子に移る訳ではないそうな…(ホント?)

そういや、だいぶ以前に別の先生も
コクシは母乳から感染もしないって言ってたような…
(だから必ずしも同腹の仔猫全頭にいるとも限らないみたいです)


もう少し、コクシジウムについて調べてみようっと!





さてさて…


通貨トリオが卒業してしまうとなると、めでたいことではありますが

困ったことがひとつ。



CIMG9114.jpg 
(写真:クム)

はい、お察しの通り、

『仔猫ラブ❤』なクムちゃんが、
またも遊び相手を失うという事態(笑)

CIMG9117.jpg 

クムちゃん、本当にいい子です。

一度トライアルに出て、うまくいかずリターンとなった当初は、
人には見向きもせず、当時の預かりっ子呪文トリオにひたすら夢中でしたが…


最近は小さな頃のように、人にゴロゴロすり寄ったり、
何か作業をしていれば、一生懸命邪魔をして(笑)、『構って構って』アピールをします

そのアピールの仕方が、なんとも可愛いんです(^^)


クムちゃんの良さにも気づいてくださる方が
きっと見つかるから…


それまでは、クムちゃんが退屈しないよう、
また生贄(おっとw)ならぬ、
遊び相手となりそうな、同世代の預かりっ子をお引き受けしましょうね。





とある里親募集中のねこさんを1匹ご紹介。


88f36c6c.jpg 

幸(こう)くんと言って、通貨トリオの保護主Mさんが保護した仔猫さんになります。


幸くんは、交通事故にあったところを保護されました。


左後ろ足を骨折し、しっぽは付け根からもぎ取られ、直腸が肛門から飛び出し、
その状態で現場から動いたので、傷口や内臓をかなり汚してしまったそうです。

内臓を元に戻し、傷の縫合をしてもらいましたが、細菌感染によるダメージが大きいため助かるかどうかは解らない
と一時は言われたそうなのですが、

お陰様で一命をとりとめ、現在は自力排尿が出来るに至ったそうです!



が、尻尾は根本から断尾しているため、
肛門の括約筋が上手に機能しないのか、ウンチは本猫の意図するところではないまま、
ポロっと落ちてしまうそうです。

骨折した左後ろ脚も、引きずるように歩く後遺症があります。


とはいえ

自力でウンチもオシッコも出るなら、少々留守番がある我が家でも預かりは出来るんじゃないかな…なんて考え、


もしお困りでしたら、

通貨トリオが卒業したら、うちで預かりはどうでしょうとMさんにお伝えしましたが、


どうやら幸くんは病院のご厚意で、里親が決まるまで置いて頂けることになったそうで☆
それならば、何かあればすぐ処置頂けますし、一番安心ですもんね❤
よかったよかった!



そんな、幸くんは、通貨トリオの検便を行った病院に居候しているそうなので、
通院の際、会わせて頂きました♪


IMG_0580.jpg

生後3か月位の男の子。

ちょっと洋猫風なお顔立ちで、かなりのイケニャンです

IMG_0579.jpg


とにかく甘えん坊さんで、抱っこしたらグルんグルん言いながら全身で甘えてきました。


IMG_0581.jpg 

あどけない顔に似合わぬ、だみ声もまた可愛い(笑)。

ハンデはあれど、そんなことを更に上回る位の魅力にあふれた仔猫です!


将来的には今できている排尿も排便も、果たしてどうなるかわからない部分もあるそうです…

そういうことも含め、
万一介護が必要になったときも、しっかりケア出来る方を探しているそうです。



幸くんのすべてを受け止め、まるごと個性として愛してくださる方がいらっしゃいましたら、

是非こちらからお問い合わせください。



 
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

4 Comments

もちも  

さよなら ドンちゃん達

意外や意外!
みんな卒業してしまうとは!!
子猫の力はスゴイですね

ドンちゃんツボだったんですけどね~
行ってしまうのか~

生贄とはw
早く生贄を捧げなければクム様がお怒りになってしまうw

幸くんですね!
他の方のブログで見ました
文章を読んで結構ショックでした
脚は伸びたままでシッポが無い画像は痛々しくて…
でもハンデを感じさせない位の可愛さですよね

2015/07/26 (Sun) 22:33 | EDIT | REPLY |   

マリナママ  

おめでとう~~~!!!

いや~あっという間のご縁でしたね~~おめでとうございます!!
頼もしい里親さんたち、さらにお友達同士であれば、通貨トリオがその後も交流(実際会うかはわかりませんが)ありますね♪

クムちゃん、可愛いのになぁ~~・・・ううう、どうしよう(爆)

幸くん、生きるパワーがすごい!そんな強い運とパワーをもった子ですもの、きっといい出会いがあるでしょうし、里親さんに大きな幸福をもたらしてくれると強く感じます!

2015/07/27 (Mon) 20:50 | EDIT | REPLY |   

green  

>もちもさん

ドンちゃんは、やはり実物を見て頂いたところ、すぐ里親さん達にも「可愛い」と言って頂けました❤相変わらずビビリですが、亀の歩みでも良いので、いつかご主人となる方には懐いてくれたらいいなぁと思います☆

クムのお友達は、今度は少しお姉さんになるかもしれません^^;。ちょっと仔猫達の我が家に対する破壊力が凄まじいので…ここらで一休み、なんてw

幸くん、すごくいい子でしたよ♪私はこういった活動をしているためか、今までも他の預かりさん宅にいるハンデのある猫さん達を沢山見てきているので、まだまだ幸くんの負ったハンデは良い方かなぁと思います。中には両前足を事故で失った子や、顔面を強打し顎がずれてしまった子などいましたし…。でも、そういう子程皆性格はピカイチ!猫って強い!と生命力を感じます☆

2015/07/30 (Thu) 20:28 | EDIT | REPLY |   

green  

>マリナママさん

ありがとうございます☆
里親様は私よりご年齢的に上の方なので、実際お会いするまではメールのやりとりも簡易なものでして、果たしてどんな人でしょう…??と謎な部分も多くありましたが(笑)、良さそうな方々だったのでホッとしています(^^)

そうそう、次の預かりっ子はまたまた千葉までお迎えに行くことになります。なので、マリナママさん宅にクムを届けることも可能ですけど(爆。

幸くんはとても魅力にあふれたパワフルなオチビさんでした(^^)。ねこって本当に強い生き物ですよね!大変な思いをした分、たっくさん幸せになって欲しいです☆

2015/07/30 (Thu) 20:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment