春の思い出・・・

  02, 2009 23:47

気づけばすっかり4月ですね。






桜も徐々に咲いてきているものの、なんだか冷たい雨が降ったり、強い風が吹いたり・・・

春だなぁ~っとしみじみ感じるには、まだちょっと早いような気もしますね。


昨日今日と、出勤時や帰りには新卒社員の方々に沢山遭遇しました★

初々しいスーツ姿にあどけない顔をして、希望に満ちたその姿を見ると、「ああ、若いっていいなぁ~」なんてちょっと遠い目をしちゃったりなんかもしてっ・・・(笑)。


前置きはこの辺にして・・・

greenにとって、ここ数年春は様々な出会いと別れを経験してきた特別な季節です。


2006年4月15日。


当時お付き合いしていた彼とサヨナラして間もなく、傷心のところに追い討ちをかけるように、愛フェレのコロがリンパ肉腫で虹の橋を渡りました。




ジャイ○ンみたいな性格の子で、他のフェレットをいじめたり、ワガママ放題で、そのくせ人一倍の甘えん坊。
一番手のかかる子だっただけに、いなくなったときの心のポッカリ感は、かなりのものがありました。


2007年5月31日。


愛フェレ ぽんが同じくリンパ肉腫で虹の橋を渡りました。




みっくとよく似た、ぼんやりとした大人しい性格の子で、いつも癒されていました。
greenは3匹のフェレットを飼っていましたが、この子が最後の一匹でした。

最後まで意識がなくならなかった分、苦しむ姿を見ては、こちらも辛くて辛くて、何度も病院にお見舞いに行った帰り道、

バスで15分くらいかかる位の距離を、一人泣きながら延々と歩いて帰りましたっけ。



気づけば常に動物と暮らしてきたせいか・・・

ぽんがいなくなった時に、初めて電気の付いていない部屋へ帰る寂しさを知りました。

ま、一人暮らしのおおかたの人には、これが当たり前の生活なんでしょうけどね(;^ω^)★



そうこうして、この年の秋にみっくの預かりボランティアを始め・・・



2008年4月。




会社の男の子が保護した子猫と出会い、そして無事に里親様にめぐり合うまでを見届け・・・

ようやく春は別れだけの季節じゃなくなった気がします(^-^)。



ですが、この子猫・・・スーちゃんは、ご存知の方も多いと思いますが、兄弟猫と、月齢の異なる子猫達 合わせて5匹一緒にダンボールに入れられて捨てられていた子でした。

春になると、またスーちゃんのような子猫達が沢山増えると思うと、ちょっと憂鬱になります。



命あるものを、人間の勝手な都合で、物を捨てるように安易に捨てたりして欲しくない。

一生その命を引き受けることが出来ないのなら・・・是非親猫には、避妊・去勢をして欲しい。

犬だって猫だって、人間と同じ命。命の大きさに違いもなければ、その価値を人間が判断して良いはずはない・・って思います。




今月、ひょっとしたら、greenの家にもまた新しい猫さんがやってくることになるかもしれません★
(まだ確定ではないですが、お話が出ています。)

万一そのお話がなくなったとしても、これからの季節はきっと、どんどん預かりの話が浮上すると思っています。



一度は心無い人間によって見放され、裏切られた命ですが、

心豊かな優しい人々に保護され、救われた命です。



だからこそ縁あって我が家にやってきた子には、そのお優しい気持ちをしっかり受け継ぎ、greenも沢山の愛情を注いで、大切に大切にお世話をしたいと思っています。







THE BLUE HEARTSの歌の歌詞じゃないですけどね、


もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら

そんな時はどうか愛の意味を知って下さい


って、動物達が語りかけてきたら、


愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしない

決して負けない強い力を僕は一つだけ持つ

(THE BLUE HEARTS リンダ リンダより一部抜粋)


って、greenは応えたい(^-^)♪

あ、greenはあくまで預かり主なので、「離しはしない」~じゃ困るな(笑)!んで、確かに恋はしないが、愛を持って接するぞぉ~!

それ以前に、この歌はそういう主旨で作られた訳でもないでしょうけどね(;^ω^)。ファンの皆さんスイマセン・・・★



それとね、green 愛は増えるものだと思っているんです。

誰か一人にとか、この子だけ・・・じゃなくて、

今いるみっくもメグも、巣立っていったスーちゃんにも、ミコにも、コチにも、


そして新たにやってくる猫達にも・・・

同じだけの愛情を皆に分け与えたい、そう思います★



なんだかとりとめのない文章になってしまいましたが、お付き合いありがとうございました(;^ω^)。



関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?