良いフードって?

  03, 2015 22:34

みなさん こんばんは


(写真左:バトー 右:シュシュ)


今日はキャットフードについてのお話です


みなさんのお宅は、今どんなフードをねこたちに与えていますか


我が家は、それぞれの好みが異なるため、
数種類のフードを出して、好きなお皿から食べて貰っています^^;


今までとりあえず、1kg 1,000円以上の価格のフードなら、
そこそこ良い品物なんだろな~なんて、あまり原材料を
チェックもせず、あれこれ買いあさっておりましたが…





去年の夏に、愛猫みっくさんがガンになり、
多大な医療費がかかって以来、

ねこたちの健康と長生きのため、

色々なサプリを試して、その効果に驚き・・・


今度は、毎日与えるフードについても、良いものを与えたら、
ねこたちのQOL(Quolity of life)がもっと上がるんじゃないかしら
と、

勉強しなきゃな~と思うようになりました





フード代をケチったがために、将来大きな病気にかかって

結果、高額の医療費がかかってしまったら、本末転倒ですもんね~^^;


ならば、多少コストが上がっても、
健康でいて貰うために、ねこたちが快適に暮らせるために、

良質なフードを与えるのも、飼い主の義務かなぁと









ってことで、

キャットフードについて、ネットであれこれ調べてみたところ…



まず、良く目にするのが『4Dミート』という言葉。


4DのDとは、

「Dead:死骸」・「Diseased:病気」・「Dying:死にかけ」・「Disabled:障害のある」

のことで、人間の口に入らない、食品として不適格な
最低品質の肉を現すのだそうです



また、それと並んで目にしたのが
『肉副産物』という言葉。

肉副産物とは、

肉自体ではなく、動物の肺、肝臓、腎臓、胃、腸、血液などを含んでおり、
粗悪なフードでは、糞尿や屍、羽なども含まれている場合があるそうです


これらの肉を原材料に使っているフードは、極力避けるべきだそうで…


実際、これらのものを原材料に使用しているフードの場合、
どのように表記されているのかと言うと…

○○ミールや、肉類、○肉副産物(粉)などの曖昧な表現で記載があるものは
要注意なんだそうです。


また、合成着色(香)料も発ガン性の危険があるので、使用しているフードは危険、

他、酸化防止剤に『BHA』、『BHT』、『BHD』、『エトキシキン』を使用しているものもNGとのこと


※これらのサイト等を参考にしました

http://キャットフードおすすめ.com/
http://キャットフード.tv/
http://無添加キャットフード.com/



色々避けなければいけないものがあるのねぇ~


で、家にあったフードの原材料をチェックしてみたところ…





あ、↑これはセーフなのかな??



が・・・・




















ええぇ~っ

どれも心配じゃーんっ







て、ことで…


卒にゃんチャッキー改めトトのねこ親様が食べさせているという、
↑の参考サイトでもお勧めの、『カナガン』をオーダーしてみました



まだ届いておりませんが、また嗜好性やその後の健康状態の変化など
なにかあれば記事にいたしますね


まだまだ勉強中なgreenに、『いやいや、これはこうだよ~』とか、
間違いご指摘他、新たな情報等あれば、絶賛受付中でございます

よろしくお願いしまーす





シュシュとバトー、今日も元気に仲良く飛び回っております







いつまでも、電池が切れずに遊んでいるもんですよ(笑)。

ま、元気が何より


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?