ニャッキーお届け報告☆

  04, 2010 22:02

昨日 ニャッキーはねこ親様のお家に旅立ちました

いつものように朝から賑やかにポムと部屋中を駆け回ったニャッキーさん。
 
ひとしきり遊んだ後は、大好きな窓の外を静かに眺めていました。
もうこの景色も見納めってことがわかったのかな
 

 
ご飯を食べた後は、いつものようにグッスリお昼寝
 

 
そうこうしているうちに、いよいよ出発の時間が来ました。
 
最近では、キャリーに入れられると病院か、ねこ親会へ連れて行かれるばかりのせいか、ガンとして抵抗するニャッキーでしたが・・・新しいお家に行くことがわかっていたのかな?
 
驚くほどすんなりキャリーに入り・・・
運搬をお願いした友人の車の中でも、とても静かにしていました
 
 
そして新しいお宅へ到着した途端、ニャーニャー鳴いて出せだせ言うので、すぐさま出してみたところ・・・
 

 
この通りどうしていいかわからず、物陰でフリーズ状態(笑)。
 
広いお家には、ニャッキーの到着を楽しみにしてくださっていたねこ親様と、彼女のお姉さまご夫婦が
そこへgreenと、運搬してくれたgreenの友人ご夫婦。
 
大勢の人や、見知らぬ場所に戸惑うニャッキーは、その後もひたすらオドオド
 

 
最終的には、1階のニャンコ達のトイレが設置されているお部屋の隅に落ち着いて、小さくなって隠れていました・・・。
 
先住ねこたちの反応はといいますと・・・
 
チャップはひたすらシャーシャー言っており・・・
千ちゃんに限っては、一瞬出てきたと思ったら、ニャッキーを見た途端、3階に駆け上がり・・・
姿が見えないと思ったら、ずっとベッドの下に隠れていたそうな
 
まぁ、2匹の反応はgreenの想像通りでしたよ(笑)。はじめはこんなものでしょう。
 
 
そうこうして、お別れのときが。
 
2階のリビングでおもてなしを受けているところを抜けて、green一人で1階のニャッキー潜伏部屋へ(笑)。
ニャッキーは依然として、小さく固まっておりました。
それでも撫でてあげると、いつものようにゴロゴロいいながら、顔を手にこすり付けてきましたよ。
 
不安そうなニャッキーを置いて帰るのは、とても切なかったですが・・・
とにかく頑張って早くお家に慣れて、先住の2匹と仲良しになってくれることを祈るのみ
 
 
 
ニャッキーのトライアルはスタートしました
 頑張れニャッキー

 
 



 
 

(写真: みっく)
 
心配している我が家の面々のために、早速ねこ親様が本日メールをくださいました

 
ニャッキーは、早くもお家には慣れて、普通に顔を見せるようになったそうです
ねこ親様も、生ニャッキーを可愛い
と、すっかり気に入って頂けたご様子


 
 
ですが・・・
相変わらず先住チャップも千ちゃんも、ニャッキーに対してシャーシャー言っており・・・
ビビリの千ちゃんについては、訳わかんなくなっているのか、チャップにもシャーシャー言ってるんだとか(;^ω^)
 
それでも若干KYな、もとい仲良くしたくて仕方ないニャッキーが近づいていくので、
余計威嚇しちゃうようで・・・
 
哀れなりニャッキー、とても寂しそうにしていると・・・
 

(写真: ポム)
 
ああニャッキーさん・・・
 
表情豊かで、オーバーリアクションなあなたのこと・・・
ションボリしている顔が目に浮かびます・・・(涙)。
 

(写真: ジミ)
 
今ではこんなに皆仲良しな我が家だって、先住みっくメグより大きなジミさんをお迎えしたときは、結構仲良くなるまでに日数がかかったことを(さっき)思い出しました

 
ジミさんが来たときの様子はこちら↓
 
寂しい思いは一時のこと
数日もすれば、きっと仲良くなれるはずだからめげないでね


 
 
 
ちなみに、甘えん坊ニャッキーがいなくなって、greenに甘えたい放題、我が物顔で部屋中ゴロゴロ転がって喜んでいるねこが一匹・・・
 

 
メグちゃんよ・・・
少しは寂しがってあげてくださいよ・・・(;^ω^)
 
 



 
そうそう・・・
お気づきの方もいらっしゃったかと思いますが、ポムがしている首輪は、元はニャッキーがしていたものです。
 

 
ポムにも素敵なご縁が見つかるように、縁起のいい首輪として、つけて貰うことにしました
毛がふわふわで柔らかいポムちゃん♂、絶賛ねこ親様募集中で~す
 

 
 
(追伸)
先日マーキングが始まったかもしれないと連絡を受けた卒業ニャンコのベック改め佐介↓
 

 
明日いよいよ去勢手術を受けるそうです
 無事に手術が終わり、マーキングも治まりますように・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?