病院に行って来ました☆

  18, 2011 23:05

みなさん こんばんは

こないだの土曜日みっくさんとジミさんを連れて、かかりつけの獣医さんのところへ行って来ましたよ
 
 
ジミさんは、年に一度のワクチン
 
副作用で、ひょっとしたら元気がなくなったり、お顔が腫れたりするかも・・・と言われましたが、お陰様で特にそのような変化もなく、ジミさん、いつものようにご飯を食べ、リラックスしながら過ごしているようでホッとしました
 

(写真: ジミ)
 
ただでさえお顔のでっかいジミさん・・・
 
お顔が腫れたら、どんだけでかくなっていたことでしょうか・・・(笑)。
 
 
で、みっくさんはといいますと・・・
 
ここ一、二週間くらい前から、
の後に、後ろ足を浮かせ、前足だけで数センチ歩き、お尻を床にこすり付けるような仕草が見られたので、ひょっとして肛門嚢(こうもんのう)かな
と思って看て頂くと・・・
 
やはりそうでした。
 
肛門嚢とは・・・
肛門嚢という袋状の器官に炎症が起こった状態をいいます。肛門嚢は肛門の近くにあり、においのある分泌物をつくっています。犬に比べて猫ではまれな病気です。肛門嚢に細菌感染が起こって内部に膿汁がたまる肛門嚢膿瘍になると、肛門嚢が破裂してしまうことがあります。
 ~ペットウェルより引用~ http://www.petwell.jp/disease/cat/koumonnouen.html
 
先生に肛門腺を絞っていただくと、出るわ出るわ、クッサイ緑色の膿が(笑)
 

(写真: みっく)
 
ともあれ、スッキリ出来て良かったね、みっくさん
 
乙女のお尻が臭いと、大好きなジミさんにも嫌がられちゃいますからね(笑)。
 
 
しかし重量級(みっく5.6キロ、ジミ5.5キロ)の2匹をキャリーに入れて、通院するときに思いました。
 
もしまた大きな地震が来て、万一連れて避難しなくてはならない事態が起きたとしたら・・・
 
 
2匹だけでも相当重いっ

今回運搬さんにお願いして車での通院だったから、そんなに持ち歩く距離もなかったんですけどねw
 
 
少しウエイトトレーニングが必要だなぁと痛感しました・・・
 が、がんばるぞっ・・・。
 
 
さてさて、通院といえば、こちらの卒にゃん↓も時同じくして病院に行ってきたそうです
 

 
お久しぶりのめる姫

 あらっ
あごにブチがありますが・・・


 
そう、めるちゃんアクネが酷くなり、流血してしまったのだとか。
 
抗生物質の注射を2本打たれ、飲み薬を処方されたそうなのですが、める姫、すっかり注射にご機嫌を損ねてしまったらしく・・・
 
帰ると、ねこ親様のモップスリッパに粗相したのだとか(爆)

気の強いお嬢さんの、めるらしい抵抗だわぁ~w
 
ともあれ、素直にお薬を飲んでよくなってくれることを祈っています・・・
お大事にネ、める姫
 
 
 
一方、口内炎をわずらいつつも、ねこ親様の甲斐甲斐しいお世話により、すっかり甘えん坊と化し、毎日膝の上で踊っている平和な卒にゃんはこちら↓
 

※ 写真はねこ親様のブログから拝借しております。 http://www.minamimegumu.net/room/index.html
 
 
りき改め力丸さんよ・・・ 本当にキミは変わったねぇ・・・

ワイルドボーイは見る影もなく、この甘えっぷり、まるで赤ちゃんニャンコのようだ(笑)。
 
green、力丸のねこ親様募集のときに、『りきちゃんは家猫修行中なので、日々変化を楽しんでください』とかなんとか載せたんですけどね。
 
・・・いや、ホント楽しんでいただけてますよねw・・・
 この豹変っぷりは、greenも予想外でしたけどねww
 
 
 
で、最後に。
 
楽しそうといえば・・・ オリジナルメンバーだけの我が家で、毎日ルンルンで過ごしているのがこちら↓
 

(写真: メグ)
 

 
ヒトミシラー、ネコミシラー、とにもかくにもビビリねこ メグちゃん(別名:まぼろしちゃん)。
 
greenの脱いだ靴下を抱えてはウットリ。 お風呂上りのgreenのシャンプーの香りにもウットリ

臭いのもいい匂いもどっちもいけるみたいー
 
何をしても、スリスリゴロゴロ上機嫌でお過ごしになられています・・・
 この方の甘えん坊っぷりもかなりですよ~ん
 
 
しかし果たして、メグちゃんのこの天下はいつまで続くのかっ(笑)
 
ではまた
 
 
(追伸)
ねこ親会ブログのURLが変わりました。今後はこちらをご覧下さい→ http://shinagawac.exblog.jp/
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?