捨て犬マルチーズ夫妻

  01, 2011 23:05

今日はねこではなく、わんこのお話です

今は定年を過ぎ、パートで働く私の父の職場敷地内に、ある日捨て犬が見つかりました。
 
マルチーズのお父さん犬と、お母さん犬、それに2匹の子犬が、飼い主を捜して敷地の中を鳴きながら、いつまでもぐるぐる回っていたそうです
 
見かねた父がまず子犬を抱き上げると、すぐに親犬もついてきて、4匹はすんなりと父の働く事務所にやってきました。
事情を知った職場責任者の方が、とても理解のある方で、フードと首輪、リードをさりげなく準備してくれました。
父は、とりあえず真っ黒に汚れた4匹を洗ってくれたようです。
 
そしてわんこたちは嬉しそうにご飯を食べ、事務所の方々に甘え、しばらくの間事務所で過ごしていました。
 
幸い子犬はすぐに貰い手も見つかり、既に新しい家族の元に巣立っていきましたが、まだ親犬2匹の引き取り手が見つかりません。
 
そんな折に、父が私のところに相談をしてきたわけです。
 
このまま2匹の親犬を事務所にいつまでも置いておく訳にもいかないし、どうしたものかと…。
 
 
連絡を聞いて、ひとまずすぐに2匹に会いにいきました
 

 
犬については、あまり詳しくないですが、歯を見ると、まだ真っ白でどうやら若そうな子達です。
 
どうして一家共々捨てられてしまったのか・・
 
顔中涙焼け、体中固い毛玉がびっちり覆っていて、爪も伸び放題。まるで手入れがされていなかったようです。
 
性格は幸いとても懐っこく、どこを触っても怒ることなく、隙あらば抱っこをせがむ甘えっぷりだそうで。
また日中は事務所の中で過ごしていますが、比較的おとなしくしているようです。
 
小柄でおそらく抱っこした感じでは3キロもなさそうな子達だし、背に腹は代えられないので、我が家で一時預かりをしながらいぬ親さん探しをとも思いましたが、うちの両親は高齢ゆえ、私がボランティアをやっていることをあんまり理解していないでか、情が移って手放せなくなるから、絶対ダメだと猛反対
(ねこの預かりをしていることは知っているくせに、ねこなら情が移らないとでも思ってるのかしら…??)
 
じゃあどうしろというのだよ…と、途方に暮れつつも、このままでは行き場のないマルチーズ夫妻、日中は事務所で過ごしているからいいものの、夜は無人になり、セキュリティーセンサーの関係で、事務所に入れておくことが出来ない理由から、真っ暗&冷房もないボイラー室で寝泊まりしているようで…。
 
とにかくそんな生活が不憫ゆえ、一刻も早く新しいお家でも預かり先でもないかと、頼れる先輩に相談しましたところ、預かり先を見つけてくださいました

 
うまくいけば、近日中に移動できそうな流れです
 
預かりを引き受けてくれた方も、もしかしたら自分ちの子に…ということも視野に入れてくださっているので、とても嬉しいお申し出でした
 
が、最初はひとまず一時預かりとしてお迎え頂くので、私が初の個人保護主としてスタートするわけです。
医療費用負担、いぬ親さんの募集は私の方で全面的にやるわけですが、
 
いかんせん、わんこのことがわからな~い(笑)
※ 預かりさんは、わんにゃんを飼っている方ゆえ、飼育は問題なしですw
 
何か困ったことがありましたら、ぜひ皆さんご教示くださいましね…
 

 
マルチーズ夫妻の今後の動向は、またご紹介させて頂きますが、どうぞよろしくお願いします…
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?