in 過去の預かり猫たち

頑張って欲しい。

-0 COMMENT

みなさん こんばんは

ずっと仕事が忙しく、ピークの日には23:00前に終了、家に帰ってねこたちの世話をし、夕飯を作ったらなんと午前1時半を回っていた…という生活でしたが、今日からまただいぶ早めに帰れるようになりました
 
そんなこんなで、リコメも出来てないのにいつもコメントをくださる皆様、本当に本当に感謝しています。
ありがとうございます
 皆さんのコメントが、着実にまた書こうという励みになっていますよ!
 
 
 
ところで、今日はショックなお知らせがあります。
 
我が家から、先輩ボランティアYさん宅へ移動となったみーちゃんこと、ミタさんのことです…
 

(写真: 我が家にいた頃のミタさん)
 
先輩Yさんから本日連絡を頂きました。
 
みーちゃん、どうやらFIP(伝染性腹膜炎)ドライタイプの可能性が高いそうなのです…。
 

(写真: ジミ)
 

(写真: レグザ)
 
まさかの連絡に一瞬頭の中が真っ白になってしまいました。
 
この病気は、ご存知の方も多いとは思いますが…
根治療法はなく、いったん発症すると、インターフェロンやステロイド剤を投与して、症状を緩和する対症療法しか方法はなく、ほとんどの場合助からないと言われています。
 

(写真: ぽよちゃんことビエラ)
 

(写真: メグ)
 
現在、みーちゃんは病院に点滴に通っているそうですが…
 
頂いたメールからは…あまり状態が良くないことが伺えました
 
 
 
小さなみーちゃん、薬も爪切りも嫌いな頑固者のみーちゃん、
 
肝は据わっていて掃除機にも動じないし、知らない猫にも人にも臆することなく甘える可愛いみーちゃん、
 
トイレの粗相は、ひょっとしたら既に脳に支障が出ていたせいなのかもしれませんね…。
 
投薬の際に、暴れてつけられた手の無数の傷跡を見ると、みーちゃんのことを思い出して、涙が出てきます。
 
 
今となっては、Yさんに任せっきりで、ただ祈ることしかできない無力なgreenですが…
 

(写真: みっく)
 
 

(写真 左:ぽよちゃん 右:ミタさん)
 
みーちゃん、
 
みーちゃんの猫生はまだ始まったばかりなんだよ。
一日でも長く生きて、この世に生まれて良かったなぁって感じて欲しいよ。
 
 
頑張れ、みーちゃん。
 
 

 
 
最後は、我が家を卒業して1ヶ月経過し、無事に正式譲渡となったシア改めこむぎ(通称むーちゃん)♂のご報告です。
 

 
以下ねこ親様より↓
 
譲渡の際にgreenさんがお話されていたように、お風呂やトイレの前で待っているという子もいるなんて話を聞いてはいましたが、まさにそれ。。。むーちゃんですっ
 
部屋をちょっと移動するだけなのにわざわざキャットタワーから降りてきたりとか・・・
かわいい!!可愛すぎるー!溺愛です(←まあ予測はしていましたが)
 
ねことの生活がこれほどのものとは本当にgreenさんに感謝です。
 
いえいえ、感謝するのはこちらの方です
一生の家族として迎えてくださり、本当にありがとうございます

 
シアちゃん改め、むーちゃん、幸せに幸せに暮らしています。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment