ミノちゃんの悲劇

  26, 2013 12:20

昨日やってきたファミレスコンビ


(写真 左:ココス 右:ジョナサン)
 
お陰様で、とにかく元気元気

食欲旺盛だし、ケージの中でドタンバタン飛び回っています^^;
 
愛護センターの中で、人の手で育てられたせいか、全く人間に対しては警戒することもなく、
ケージに近寄ると、「遊んでくれるの

」と、2匹ともすっ飛んできます(笑)。
 
 
特に黒猫ジョナサンは突進してくるので(笑)、ケージの3階からあわや転げ落ちそうになること数回^^;
 
 
 
そんな2匹ですが、先住ねこに対する反応は、一著前にシャー、ウーと威嚇し、
まだまだ警戒モード…
 
 

 
とはいうものの、遊びに夢中になってしまえば、近くに他のねこがいても気にならないようで…
 
いつもながらに、子猫のお世話係ぽよちゃん↑は、母ねこのように、
ヤンチャ坊主たちのことをじっと見守っています
 
 
活発ですばしっこく、好奇心の塊のようなジョナサンは、遊び方も豪快(笑)。
 
 
 
一方、ココスはおっとりのんびりマイペース
 
 
そんなこんなで、ファミレスコンビは、楽しく過ごしているようで何よりなのですが…
 
 

 
入れ替わりやってくる、預かりっ子に馴れている↑のメンバーと違って…
 
 
突然やってきた新入り達に、すっかり恐怖を感じているのか、
こちらのお方…↓
 

(写真:ハツ♂)
 
遠巻きに、子猫のいる部屋を覗いてはウ~っと唸り、
 
周りにいる先住たちにもどうしたもんか、ウーシャー片っ端から威嚇するようになってしまいました…
 
 
まさかの血のつながった妹のミノちゃんにまで、
ギャーっと鳴いては、パンチを飛ばすし

 
そんなハツの行動に、元々ビビリで、今もたまにハツに対してはシャーということのある
レグちゃんが…
 

(写真 左:レグザ♂ 右:ミノ♀)
 
昨日からハツに対して、姿を見るだけでこれまた威嚇
 
そして、普段妹のように可愛がっていたミノちゃんにまで、
ハツの血縁だからなのか、パンチと威嚇

 
 

(写真:ミノ)
 
ああ哀れなり、ミノっち…
 
暴君ミノちゃんは、ねこが変わったかのようにションボリしながら小さくなっています…
 
 
一方、同じくねこが変わったかのように、周りのねこたちにかたっぱしから唸っているハツも、
 
食欲もないようで、トイレも行ってるのか行ってないのか…
少し姿を現しても、ウーシャー言いながら、またすぐに寝室のクローゼット奥に隠れてしまいます
 
なんだか目つきも、いつもののほほんとしたハツの目じゃなくて、
緊迫したような、キツい感じになっているし
 
 
環境が変わることに対して、メスよりオスの方が順応性がないのかしら…
 
それとも、単にレグもハツもビビリなところがあるゆえなんでしょうか
 
 
ひとまず、今フェリウェイ(http://www.virbac.jp/product/pheromone/feliway.html)の
拡散タイプをねこたちがすれ違う廊下に付け、
 
ハツに対しては、以前友人に貰ったジルケーン(http://item.rakuten.co.jp/wwpc/1038179/#1038179
があったので、あげて様子をみようかと…
 
 

(写真:ぽよ♀)
 
つくづく、いつどんな時でも、一度もシャーを言ったことのない、
 
ぽよちゃんて、偉大だわ~っと思います…^^
 
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?