黒毛和牛か黒豚か

  10, 2014 10:15

みなさん おはようございます

先週木曜日から入院、そして翌日手術予定だったgreen
 
なにせ生まれて初めての入院ということで、
何を持参してよいやら
と、スーツケースをひっぱり出してきて
前日慌てて準備をしていたものの…
 

 
ねこたちがこの通り、邪魔する邪魔する…(涙
 
荷物の中に、鼠のオモチャとか入れなくていいですからっ

 
 
 
 
そんなこんなでようやく準備を済ませ、
 
いざ木曜日、旦那の車で病院に向かっていると…
 
なぜか病院から電話が
 
 
 
別に遅刻してもないのに、何だろうと思ったら…
 
『実は直前で申し訳ないんですが…
緊急の患者さんが入ってしまって、greenさんのベッドが
なくなってしまったんです~…』
 
と、なんと入院30分前に看護婦さんから、まさかの連絡

 
 
 
 
それからあーでもない、こーでもないが始まり…
 
結局木曜日は外来で、簡単な検査のみ行って帰宅し、
入院は2泊から1泊に変更
 
っていうか、1泊入院で手術出来るんだったら、
最初からそうしてくれようっ(涙
 
こっちはねこ10匹のお世話があるんだから、
なるべく家にいたいのよう…
 
 
ってことで、結果的には良かったのでしょうか(笑)、
 
翌日早朝に再度病院へ向かい、いきなり手術、
そして土曜日退院という、なんともアッサリとした
入院生活で終わりました
 
 
ちなみに、今回の手術は腰椎麻酔(部分麻酔)で
行ったのですが、背骨と背骨の間に打つこの麻酔、
なんども針をブスブス刺され、も~う死ぬほど痛かったです…
 
おまけに、手術中も安定剤を打って貰ったものの、
全くgreenには効かなかったようで、しっかり意識がありました

なかなかの恐怖でしたよ
 
 
麻酔から覚めたときは、うまく体温調節が出来ず、寒かったり暑かったりして、
 
 
ああ、そういえばねこが避妊・去勢手術で麻酔から覚める時も
ガタガタ震えてるけど、きっとこんな感覚なんだろうな…
 
 
と、手術を受けるねこたちの気持ちが、少しわかったような気がしました
 
 
そして手術当日は、絶対安静ということで
ベッドから一切起き上がることを禁止され、
点滴と尿カテーテルを付けられ…
ひたすら寝るしかやることもなく
 
健康って本当にありがたいものなのだと
痛感しましたよ~…
 
 
ちなみに、その際紙おむつをつけられていたのですが
旦那に見せたら、飲み物を吹きだして笑ってました(怒
 
 

 
 
 
そんなこんなで、無事退院して家に戻ると…
 
階段を駆け下りて出迎えてくれたのは、
レグとハツでした
 
甘ったれレグちゃんはわかるけど、
ハツは普段は完全旦那LOVE
のねこで
greenのことは、どうでも良さそうなんですが…
 

(写真:ハツ)
 
結構いいとこあるんですね
 
 

 
 
さてさて、本日のタイトル
『黒毛和牛か黒豚か』
 
なんのことかと言いますと…
 
 
 
 
 

(写真:コスモ)
 
我が家の預かりっ子、こっちゃん(♂・11ヶ月)
 
 
前からムクムクしているとは思っていましたが、
最近ホントにお腹がぽよぽよっ
 

なんでしょう、このくびれのないポッコリお腹…
 

 
前回クロヒョウみたいなんて書きましたけど、
 
この姿はまるで黒毛和牛ではないでしょうかっ(笑)
 
 
そしたら、旦那がアッサリと
 
 
『いや、黒豚でしょ』
 
と…


 
 
 
 
 
 

 
 
 
・・・確かに似てるw
 
 
 

 
黒豚こっちゃん、今日ものどかに放牧中です(笑)
 
 

(写真手前:カペラ 奥:ジミ)
 
同じくねこ親様絶賛募集中のかっちゃんは、
 

 
見ての通り、かろうじてスマートを保っていますのでご安心を~
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?