乳飲み子がやってきた!

  06, 2014 16:55

みなさん こんにちは

GWもあっという間に今日で終わりですね。

さてそんな我が家に、突然ですが本日、小さな小さな仔猫がやってきました



ゆたんぽにくっついて、ピースカ寝ているこちらのおチビさんは、

greenの友人の友人の、そのまたご友人(以下Tさん)が、
松本市で保護した仔猫なのです



ある日Tさんは、お勤め先の敷地内で、
カラスが小さな毛玉を転がしているのを目撃。

なんだろうと見に行ったところ、
毛玉の正体は、小さな仔猫だったそうなのです。


Tさんはお一人暮らしの男性で、
ねこの飼育経験ゼロ。


それでも、ほうっておけずにつれて帰り、
ネットで乳飲み子の育て方を調べ、

なんとか10日間、この子を育ててくださったそうなのです。




お仕事の日は、車に乗せて仕事の傍らお世話をし、
夜寝るときは一緒に寝て…

片時も離すことなく、
とてもとても大事に育ててくださっていましたが、

お仕事柄、家を空ける時間も長く、
また車での移動時間(距離)も長く…

もう少し大きくなったら、そうそう連れて回るには厳しいし…

ということで、誰か飼ってくれる人、もしくは里親探しをしてくれる人がいたら…
と探していた矢先、めぐりめぐって我が家にお話が舞い込んできた訳です


正直、greenも現在フルタイムで仕事をしているゆえ、
乳飲み子のお世話は、不可能ではありますが…

Tさんの頑張りに、強く感動しちゃいまして…
里親探しなら協力できるし、

離乳するまでの間、なんとかできればいい話だよね

ってことで、greenの個人保護猫として、
一時預かりをお引き受けすることになった次第です



仮名ジル。男の子、推定生後2週間ほどだそうです。



見た感じ、300g前後のとにかく小さな仔猫。
まだ自力排泄も出来ず、ミルクを数時間置きに飲んでいるそうです。


ということなので、
離乳するまでの間は、ひとまず動物病院に入院させて、
お世話をお願いしようと思っています。

これから病院に連れていきますので、
このブログに再度ジルが登場するまでに、しばしお時間はかかりますが、

どうか無事に大きく育って、
元気に登場することを皆さんも祈っていてくださいね
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?