in カペラ&ジル&アッシュ

長いですが、色々と書いちゃいました。

-0 COMMENT

みなさんこんばんは

ようやく時間が取れたので…
今回の再々手術に至った経緯などを。
 
 
 
月曜日、ジルさんかかりつけの病院につくと、
診察時間を少し過ぎてはいましたが、
 
まだ他のワンニャンや、飼い主さんたちの姿がチラホラ…
 
遅い時間に駆け込んでくる子達は、
 
怪我をしている子や具合の悪い子が主ですので、
先生はより一層丁寧に、他の患者さんたちを診察されていました。
 
 
 
それで思い出したのですが、
 
green、以前別の獣医さんのところに
診察時間10分前に駆け込んだところ、
 
『うちの診察時間、外に書いてあるのみた?診察時間までに
診察を終えるよう、来てもらわないと困るんだよね』
 
と、いきなり頭ごなしに怒られて目がテンになったことも(笑)
 
 
『だったら、診察時間を30分繰り上げて書けよ…
』と、
少々喧嘩っ早い、うちの旦那があとからボソっと言っとりましたw^^;
 
 
その後、その病院からは
 
『保護猫はどんな病気を持ってるか
わからないから、リスクがあるのでお断り』
 
と、はっきり言われてしまったので、
一切行くことはなくなりましたが。
 
 
 
話が若干脱線しましたが、
 
毎週のようにジルを連れて通院していると、
様々な患者ワンニャン達に遭遇します。
 
今日はねこが多くて、ねこオフみたいで楽しい(笑)♪と、
待合室で、飼い主さんたちと盛り上がったり、
 
 
ある時は、瀕死の状態で連れて来られ…
 
残念ながら、その場で虹の橋を渡ってしまった
子犬と飼い主さんに遭遇したことも…
 
 
泣き崩れる飼い主さん同様、
看護婦さんたちも、greenも一緒に泣きました。
 
 
 
飼い主さんは、深々とお辞儀をし、
『先生、色々ありがとうございました』と、
そしてgreenにも、お辞儀をして帰って行かれました。
 
 
 
そんな飼い主さんを見れば、ジルの先生が、
常に親身に患者に寄り添い、
最善の策を尽くしてくださる方なんだなぁと、
よーくわかります。
 
 
 
実際、待合室で他の飼い主さんとも、
 
『あちこちの病院を回ったものの、
どこもイマイチしっくりこなかったんだけど…こちらに来て
本当に良かった!』と互いにお話する機会もありました。
 
勿論、greenのいる長野市内にも丁寧な診察と、
信頼できる技術の、素晴らしいお医者さんはいるのですが、
(普段特別な病気でもない限り、定期的なワクチンなどは
近所の病院で済ませることもありますし)
 
でもやっぱり何かあると、ジルの先生を頼ってしまいます

保護猫に対し、とてもご理解があるのもひとつですが。
 
 
 
長くなりましたが、
 
今回のジルの急変は、眼圧を測るまでもなく
素人目にも、眼圧が急に上がってしまったのかな…
 
 
そうなるともう眼球摘出か、注射で絞ます、
いよいよそれしか道はないか…
 
と、目を残すことを諦め、
 
今後の治療について、決断しなければならないかと思っていたところ、
(どうしても目を・・というなら、多少高額かもしれないですが、レーザー手術を試すという手も一応ありますが)
 
 
 
 
先生が「まだ手はあります」と

 
 
 
 
診察台でジルも、そんな先生の想いに応えるのか、
先生に喉をなでてもらい、気持ちよさそうにゴロン。
 
 
ジルは、先生を信頼しているんだねぇ…。
 
 
 
 
乳飲み子のときに何日もお世話になった病院ですし、
 
診察の際はいつも「ジルちゃんその後どうですか?」と
声をかけてくださる、看護婦さんや先生の奥様など、
 
皆ジルのことを大事に思ってくださっているのが、
ジルにはわかっているのかな、なんて。。。
 
 
 
診察のとき、結果が思わしくないと、皆でドンヨリすることが
あっても、ジルがいつもおどけてみせるので、
ついつい、皆で笑ってしまいます。
 
 
先生も、スタッフの皆さんも、本当に動物を愛して
大事に思ってくれています。
 
 
やっぱり、病院と患者(飼い主)との信頼関係、
治療方針の決定って、ここに尽きるのだと思います。
 
 
 
そうこうして、三度目の手術を
お願いする決断に至ったわけです。
 
 
が、再々手術をして頂くにあたり、度重なる麻酔の負担のことを考えて、
ひとつ我儘を言わせて頂きました。
 
 
「もし、去勢手術が出来るようなら、一緒にお願いしたいのですが。」
 
 
こうして、将来ジルが必ずやらなくてはならない、
もう一つの手術の負担を減らすことが出来ました。
 
 
 

(写真:先週のジルさん)
 
ちょっと予定より早くオカマになっちゃったけど(笑)、
小さいうちの方が、術後のリカバリーも早いですしね。
 
 
 
 
ジルが引き続き入院中なので、
なんとなく寂しい我が家ですが、ジルの方は今頃また
先生のご飯でも狙っているかもしれません(笑)。
 
 

 
 
今日のアッシュ
 

 
目の調子はすっかり良くなり、この通り可愛いお顔になりました
 

 
あんまりよく食べるせいで、若干
が緩いです…
 
そして、ジルがいなくても、ひとりでガンガン走って遊んで、
そりゃあもう賑やかですよ^^;
 
土曜日になったら、ジルにまた会えるから
アッシュも楽しみにしていてね
関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment